1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 県内で新たに男女20人の感染確認 横浜12人、川崎6人

新型コロナ
県内で新たに男女20人の感染確認 横浜12人、川崎6人

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月5日(日) 05:00

 新型コロナウイルス感染症を巡り、県内で4日、10~80代の男女20人の感染が新たに確認された。


4日現在の県内市町村別感染者数

 横浜市では、10~80代の男女12人の感染が確認された。全員が軽症、または無症状。うち5人の感染経路が不明。

 50代の無職女性と20代の接客業女性、10代の飲食業女性など計5人は、ともにクラスタ-(感染者集団)が起きた同市中区のホストクラブの来店客など。同ホストクラブの関連で陽性が明らかになったのはホストなど従業員32人、客など9人の計41人となった。

 80代の無職女性は市内の特別養護老人ホ-ムの入所者。入所中に陽性と判明したため感染経路を調べている。

 川崎市では、20~70代の男女6人の感染が確認された。2人はクラスタ-が確認された川崎協同病院(同市川崎区)に勤務する30代の女性看護師と、入院していた70代の無職男性。2人とも市が3日に発表した陽性者と同じ病棟に勤務・入院していた。

 残る4人は20~30代の男女。いずれも軽症で、感染経路は不明という。

 相模原市では、市内在住で20代の男性会社員1人の感染が確認された。軽症で、感染経路は不明という。

 横須賀市では、市内在住で20代の会社員女性の1人が確認された。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング