1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. オスプレイ4機が飛来 住宅街を「転換モード」で飛行か

オスプレイ4機が飛来 住宅街を「転換モード」で飛行か

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月3日(金) 05:00

相模原市南区東林間で撮影された転換モードと見られる状態で厚木基地に飛来する米海兵隊輸送機オスプレイ(リムピース提供)
相模原市南区東林間で撮影された転換モードと見られる状態で厚木基地に飛来する米海兵隊輸送機オスプレイ(リムピース提供)

 在日米軍普天間基地(沖縄県)所属の米海兵隊輸送機MV22オスプレイ4機が6月29日に厚木基地(大和、綾瀬市)に飛来したことが今月2日、分かった。監視団体「リムピース」によると、このうち1機が飛来時に同基地から約7キロ離れた相模原市南区東林間の住宅街上空で、事故の危険性が指摘されている「転換モード」で飛行していた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

在日米軍厚木基地に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング