1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 不正請求で指定取り消し 横浜の放課後デイサービス事業所

不正請求で指定取り消し 横浜の放課後デイサービス事業所

社会 | 神奈川新聞 | 2018年11月6日(火) 02:00

 横浜市は5日、障害児通所給付費を不正に請求したとして、いずれも港北区の放課後等デイサービス事業所「ちあふるはーと岸根公園」と、「ちあふるはーと小机」の指定を12月31日付で取り消す、と発表した。給付費などの返還をそれぞれに求める。

 返還を求める額は岸根公園が計945万5779円、小机が計46万682円。

 市によると、岸根公園は利用者1人を学校から自宅に直接送迎し、給付費を不正に請求。また児童発達支援管理責任者が常勤・専従していないにもかかわらず、責任者がサービス計画を作成したように見せかけた。

 小机は送迎に加え、利用者数が定員の1・5倍を超えた場合、給付費が3割減額される「定員超過減算」を免れるため、利用者数を偽って報告した。

不正受給に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング