1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横須賀市がプレミアム商品券 8月販売、最大3割上乗せ

新型コロナ
横須賀市がプレミアム商品券 8月販売、最大3割上乗せ

社会 | 神奈川新聞 | 2020年6月18日(木) 05:00

横須賀市役所
横須賀市役所

 横須賀市は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ市内消費を活性化するため、最大33%のプレミアムが付く商品券「よこすか『地元のお店』応援券」を8月に販売する。市内の約2千店舗での利用を想定しており、6月19日から参加店舗を募集する。

特集 新型コロナ、神奈川の感染状況

 外出自粛などの影響で売り上げが落ち込んだ事業者と市民生活の支援が目的で、1冊1万2500円分の商品券を1万円で販売する。市内在住者が対象で、1人3冊まで購入できる。計17万6千冊、総額22億円分を発行。小型店のみで利用できる「専用券」(500円券16枚)には33%、売り場面積が1千平方メートルを超える大型店でも使える「共通券」(同9枚)は12・5%のプレミアムが付く。利用期限は12月31日まで。

 申込書付きのパンフレットを7月から市役所や各行政センターなどで配布するほか、インターネットでも募集を受け付け、抽選後に8月から販売する。問い合わせは、応援券事務局電話046(824)4233(6月19日から)。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング