1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「飛鳥Ⅱ」から出火、黒煙に一時騒然 3時間半後に鎮火

動画
「飛鳥Ⅱ」から出火、黒煙に一時騒然 3時間半後に鎮火

社会 | 神奈川新聞 | 2020年6月17日(水) 05:00

 16日午後1時25分ごろ、横浜市中区の横浜港大さん橋に着岸中のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」(約5万トン)から「最上部で火災が発生した」と第3管区海上保安本部に無線で通報があった。市消防局の消防車両約30台が消火活動に当たり、約3時間半後に鎮火した。当時、乗客はおらず、乗組員153人がいたが、けが人はなかった。乗組員は整備作業に従事していたという。


黒煙が上がるクルーズ船「飛鳥Ⅱ」=16日午後2時15分ごろ、横浜港(横浜市中区)
黒煙が上がるクルーズ船「飛鳥Ⅱ」=16日午後2時15分ごろ、横浜港(横浜市中区)

 県警などが出火原因を調べる。所有する郵船クルーズ(横浜市西区)や市によると、火元は最上階の12階にある資材庫内で、約50平方メートルを焼いた。資材庫には、シーツやカーペットなどが保管されていたという。国の運輸安全委員会は17日以降、船舶事故調査官3人を派遣し、火災の調査に当たる。

 飛鳥Ⅱは、2006年2月に就航。全長241メートル、全幅約30メートルで、436の客室を備える国内最大のクルーズ船。横浜港を母港にしており、4月1日に帰港し、大さん橋に着岸していた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今後の運航は未定になっている。


 現場では黒煙が上がり、多くの消防車両が駆け付け、一時騒然となった。横浜海上保安部の巡視艇など5隻も現場海域の警戒に当たった。

 消火活動を見守った男性(46)は「飛鳥Ⅱは横浜市民に最も愛されているクルーズ船。コロナ禍から立ち直りつつある中で、火災はショックだ」と不安そうに話した。


噴き上がる黒煙が強まったり弱まったりを繰り返していた「飛鳥Ⅱ」=16日午後2時50分ごろ、横浜市中区
噴き上がる黒煙が強まったり弱まったりを繰り返していた「飛鳥Ⅱ」=16日午後2時50分ごろ、横浜市中区

停泊中の「飛鳥Ⅱ」が黒煙を上げる姿に驚き、様子を見守る人たち=16日午後2時50分ごろ、横浜市中区
停泊中の「飛鳥Ⅱ」が黒煙を上げる姿に驚き、様子を見守る人たち=16日午後2時50分ごろ、横浜市中区

停泊地の大さん橋で黒煙を上げる「飛鳥Ⅱ」=16日午後2時45分ごろ、横浜市中区
停泊地の大さん橋で黒煙を上げる「飛鳥Ⅱ」=16日午後2時45分ごろ、横浜市中区

船体上部から黒煙を上げる「飛鳥Ⅱ」=16日午後2時45分ごろ、横浜市中区
船体上部から黒煙を上げる「飛鳥Ⅱ」=16日午後2時45分ごろ、横浜市中区

黒煙を上げる「飛鳥Ⅱ」。船体上部に消防隊員の姿も=16日午後2時55分ごろ、横浜市中区
黒煙を上げる「飛鳥Ⅱ」。船体上部に消防隊員の姿も=16日午後2時55分ごろ、横浜市中区

船体上部で消火作業に当たる消防隊員=16日午後2時55分ごろ、横浜市中区
船体上部で消火作業に当たる消防隊員=16日午後2時55分ごろ、横浜市中区

白煙を上げる飛鳥Ⅱ=16日午後1時48分ごろ、横浜港
白煙を上げる飛鳥Ⅱ=16日午後1時48分ごろ、横浜港

黒煙が上がるクルーズ船「飛鳥Ⅱ 」=16日午後2時20分ごろ、横浜港(横浜市中区)
黒煙が上がるクルーズ船「飛鳥Ⅱ 」=16日午後2時20分ごろ、横浜港(横浜市中区)

火事に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング