1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. コロナ困窮世帯に米提供 「フードバンクひらつか」が支援

新型コロナ
コロナ困窮世帯に米提供 「フードバンクひらつか」が支援

社会 | 神奈川新聞 | 2020年6月14日(日) 05:00

新型コロナの影響で困窮する世帯に米を配るフードバンクひらつかのスタッフ=平塚市福祉会館
新型コロナの影響で困窮する世帯に米を配るフードバンクひらつかのスタッフ=平塚市福祉会館

 新型コロナの影響で困窮する市民を救おうと、NPO法人「フードバンクひらつか」は13日、平塚市福祉会館(同市追分)で1世帯につき米3キロを無償提供した。2時間で約70人が訪れ、計約200キロを配布。受け取った市民からは感謝の言葉が相次いだ。

 配布した米は臨時休校で廃棄予定となった学校給食用で、市から寄贈を受けた約3トンを活用した。非正規労働者の雇い止めや給食休止に伴う食費増など、コロナの影響が直撃する困窮世帯からフードバンクへの支援要請は10倍近くに急増。従来のひとり親世帯などから支援の手を広げ、市社会福祉協議会も協力した。

 米を受け取った市内の男性(72)は「コロナの影響で再就職先も見つからない。自宅の米も尽き、手持ちの金も千円しかなく困っていたのでありがたい」と笑顔。別の男性(49)は「会社の経営状況も悪化している。市などが支援へ行動してくれていることはうれしい」と感謝した。

 また、子ども2人を育てているシングルマザーの女性(28)は「保育園の利用も自粛していたので職場復帰が遅れた。子どもが小さく、買い物に行くのも感染症が不安」と話した。

 フードバンクの久松周史副理事長は「コロナ禍で困窮していながら支援の手が届いていない世帯も多い。支援の存在を知ってもらい、気兼ねなく声を上げてほしい」と呼び掛けた。

フードバンクに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング