1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「ガラスのうさぎ」今夏の式典中止 二宮町、装飾も縮小

新型コロナ
「ガラスのうさぎ」今夏の式典中止 二宮町、装飾も縮小

社会 | 神奈川新聞 | 2020年6月13日(土) 11:00

昨年の「平和と友情のつどい」に出席し、子どもたちの合唱に涙ぐむ高木敏子さん
昨年の「平和と友情のつどい」に出席し、子どもたちの合唱に涙ぐむ高木敏子さん

 新型コロナウイルス感染症を巡り、二宮町は、戦時下の同町を舞台にした児童文学「ガラスのうさぎ」をテーマにした「平和と友情のつどい」の今夏の開催を見送ることを決めた。

 特集・記事とグラフ 新型コロナ、神奈川の感染状況

 「ガラスのうさぎ」は作家の高木敏子さんが1945年に同町に疎開中、米軍機の機銃掃射により父親を失った経験をつづった。町は戦争の悲劇を後世に伝えようと1991年につどいを始め、毎夏、町内の子どもたちの手で平和のメッセージを発信していた。

 昨年は高木さんが8年ぶりに出席し、今夏で第30回を迎える予定だった。町担当者は「町独自の平和への取り組みは今後も進めていきたい」と説明する。地元の子どもたちによる千羽鶴作りも自粛し、JR二宮駅前の「ガラスのうさぎ」像の飾り付けも縮小する。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング