1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 港の中に「ガードレール」 橋への船舶衝突防止で国整備へ

港の中に「ガードレール」 橋への船舶衝突防止で国整備へ

社会 | 神奈川新聞 | 2020年6月13日(土) 05:00

貨物船が衝突して損傷した「南本牧はま道路」=2019年11月、横浜港
貨物船が衝突して損傷した「南本牧はま道路」=2019年11月、横浜港

 台風15号の強風で流された貨物船による接触事故が起きた横浜港の「南本牧はま道路」(横浜市中区)について、国土交通省は、2020年度末までに橋桁の損傷防止設備を整備する意向を明らかにした。海上保安庁と連携していかりを下ろしたまま流される「走錨(そうびょう)」事故を防ぐ措置も講じ、ハードとソフト両面の対策で万全の態勢を整える考えだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜港に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング