1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川金も制振装置データ改ざん 川崎競輪場、横浜市内2件

川金も制振装置データ改ざん 川崎競輪場、横浜市内2件

社会 | 神奈川新聞 | 2018年10月23日(火) 22:31

 県内では、川金HDのグループ企業が検査データを改ざんした制振装置が横浜市内で2件、川崎市内で1件確認された。

 川崎市では川崎競輪場(川崎区)のメインスタンドで使用されていた。市によると、2014年3月から16年2月に行われた耐震補強工事に伴い設置された。使用基数などは調査中としている。

 横浜市によると、市内の2件はいずれも教育施設で、市の公共建築物ではないという。

免震装置問題に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング