1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 伊勢原協同病院に「感染防止ボックス」 T.M.Sが寄贈

新型コロナ
伊勢原協同病院に「感染防止ボックス」 T.M.Sが寄贈

社会 | 神奈川新聞 | 2020年6月12日(金) 05:00

「感染防止ボックス」を寄贈した秋山代表(右)。病院内に設置され、髙山市長(左)と井上元保病院長が感謝の言葉を伝えた=伊勢原市田中の伊勢原協同病院(同市提供)
「感染防止ボックス」を寄贈した秋山代表(右)。病院内に設置され、髙山市長(左)と井上元保病院長が感謝の言葉を伝えた=伊勢原市田中の伊勢原協同病院(同市提供)

 新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染から医療従事者を守る「感染防止ボックス」2台が、伊勢原協同病院(伊勢原市田中)の敷地内に設置された。発熱などの症状がある人が来院した場合、医師や看護師がボックス内に入り、問診や検温に当たる。

 ボックスは一般社団法人「T.M.S」(厚木市)が寄贈。申し出を受けた伊勢原市が同病院への設置を仲介した。高さ2・3メートル、横幅1・8メートル、奥行き0・9メートルで、空調も完備。正面には外気の入り込みを防ぐ機能の付いた小窓が設けられ、そこから両手を外に出して患者の処置に当たる。

 6日に行われた寄贈式では、T.M.Sの秋山文生代表に感謝状が贈呈された。髙山松太郎市長は「暑さが厳しくなる中、空調が備わったボックスの寄贈はありがたい」と述べた。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング