1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風の爪痕、砂がうずたかく…三浦海岸で整地、ごみも発掘

台風の爪痕、砂がうずたかく…三浦海岸で整地、ごみも発掘

社会 | 神奈川新聞 | 2020年6月7日(日) 15:00

砂浜の整地工事が実施されている三浦海岸。砂に埋もれていた階段、ごみなどが出現した=三浦市内
砂浜の整地工事が実施されている三浦海岸。砂に埋もれていた階段、ごみなどが出現した=三浦市内

 三浦市の三浦海岸の砂浜で、台風の影響などで盛り上がった砂の高さを最大約2メートル下げるための整地工事を県が行っている。海岸のすぐそばには住宅や店舗が並び、飛砂に悩まされていた住民らは「助かる」と歓迎するが、大量のごみなども“発掘”され、安全や景観が損なわれると地元で戸惑いも広がる。

台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾

 県横須賀土木事務所によると、昨秋の台風や海風などの影響で同海岸の砂が国道や県道側に盛り上がったため今春着工。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

台風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング