1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 【横浜誘致の是非】「100年先の評価」英知集めて設計を

不動産総合戦略協会・村林正次理事長
【横浜誘致の是非】「100年先の評価」英知集めて設計を

社会 | 神奈川新聞 | 2018年10月10日(水) 10:57

不動産総合戦略協会 村林正次理事長
不動産総合戦略協会 村林正次理事長

 IR(カジノを含む統合型リゾート施設)を巡る議論ではカジノに賛成か、反対かという構図になりがちだ。まちづくりという観点からみた場合、果たして横浜にIRは必要なのか。仮に、横浜に造るならば、どんな視点を大切にすべきか。海外のIR事情に詳しい不動産総合戦略協会(東京)の村林正次理事長(66)は、カジノは不可欠な要素ではないとした上で「100年、200年先も評価される施設を目指すべき」と強調。世界中の英知を集め、設計図を描くよう訴える。

  ◆◆

 カジノは世界中、どこでもできることになっているのだから、日本だけやらないのはおかしい。できるよう法整備するのは当たり前。ただ、法律ができただけの話であってカジノを造らなければいけない、というものではない。

 どんなIRを造るかは都市によって違うはずであり、それはみんなで議論すれば良い。環境を整え、やりたい人がいて、(経済波及などの)効果がある所がやれば良い。日本には他のギャンブルも数多く存在するわけで、依存症の問題はそれらと併せて対策をとるべきだ。

資源を資産に

 横浜市がIRを誘致するかの議論は、非常に深い話だ。横浜の将来像を本気で考えることを意味する。

 横浜は大都市で、とりわけ都心臨海部は非常に魅力がある。ただ、これでいいと思っていては、せっかくの「資源」が「資産」にならない。

 海外にアピールするにはどうすべきか。本当の横浜の良さとは何かを議論する絶好の機会であり、ぜひ議論すべきだ。

 もし、横浜の経済界や市民がカジノが欲しいと言うなら、事業者に競争させて造れば良い。首都圏からそれなりに客は来ると思う。でも、本当にそれで良いのか。個人的には、もっと良い土地利用の仕方があると思っている。

 例えばナショナルトレーニングセンターのようなものをつくり、スポーツの医学、専門家、企業などを集積し、世界に冠たるスポーツタウンとする案だ。

 医療施設や宿泊施設、会議場なども設置。さまざまな国から人が訪れるので、その中にカジノを造ろうという考えは、あっても良いと思う。広い意味でのMICE(国際会議などの総称)に、カジノやスポーツ施設もあるとの考え方だ。カジノは一つの機能で、あっても良いというレベル。なければいけないものではない。

 ただ、本当に、横浜にカジノが必要か。横浜の経済界の人たちが、どこまで本気なのか。横浜ならばカジノに頼らなくても、いろいろな議論ができそうな気はする。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カジノ(IR)、リゾート施設に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング