1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 困窮外国人に食料を 支援団体が寄付募る 横浜

新型コロナ
困窮外国人に食料を 支援団体が寄付募る 横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2020年6月4日(木) 05:00

新型コロナウイルスの影響で困窮する外国人家庭向けに寄付された食料品=横浜市鶴見区
新型コロナウイルスの影響で困窮する外国人家庭向けに寄付された食料品=横浜市鶴見区

 在日外国人を支援するNPO法人ABCジャパン(横浜市鶴見区)が、新型コロナウイルスの影響で困窮する外国人家庭向けに食料品を配布している。緊急事態宣言は解除されたが、5月の労働状況が反映される6月の給料は大幅減が予想されるなど「さらに厳しい状況になってしまう」といい、食料品の寄付を募っている。

 新型コロナの感染拡大以降、同団体には地元に暮らす外国人を中心に相談が増加。失業したり、休校中の子どもの面倒をみるため休職せざるを得なかったりして、困難な状況に追い込まれた家庭が増えている。

 同団体はブラジル人コミュニティーをはじめ、さまざまなルーツを持つ外国人向けに日本語教室や生活相談などを実施。東日本大震災などの災害時は被災地支援に取り組んできた。

 今回は培ったノウハウを生かし、日本に暮らす外国人の生活を支えようと食料品の寄付を計画。食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食料品を引き取り、必要な施設などに無料で提供するNPO法人フードバンク横浜(同市神奈川区)などの協力を受け、5月中旬に開始した。

 個人からの寄付も受け付け、特に米やパスタといった主食を中心に缶詰やレトルト食品など保存できる食品を求めている。問い合わせは、同団体電話045(550)3455。

外国籍住民に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング