1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. PC乗っ取り、高1逮捕 ウイルス感染させた疑い

PC乗っ取り、高1逮捕 ウイルス感染させた疑い

社会 | 神奈川新聞 | 2016年11月2日(水) 02:00

神奈川県警
神奈川県警

 遠隔操作できるコンピューターウイルスをダウンロードさせたとして、県警サイバー犯罪対策課と南署は1日、不正指令電磁的記録供用の疑いで、和歌山県有田川町、県立高校1年の男子生徒(16)を逮捕した。同課によると、男子生徒は逮捕前の任意の調べに対し、「(ウイルスは)ネット仲間からもらった」と説明。県警は組織的にウイルスをやりとりするグループがあるとみて捜査している。

 逮捕容疑は5月、遠隔操作ウイルスを無料アップロード提供サイトのサーバーコンピューターにダウンロード可能な状態にして、横浜市南区の塗装工の男性(21)にダウンロードさせた、としている。同課によると、男子生徒は容疑を認めている。

 同課によると、男子生徒は無料オンラインゲームを自分に有利に動作させる不正プログラム(チートツール)にウイルスをみせかけていた。感染したパソコンを遠隔操作で勝手にゲームにログインしたり、インターネット電話を盗み聞きしたりしたほか、感染したパソコンの利用者名義でネットオークションで買い物をして、送り付けるなどしていた。男子生徒は逮捕前の調べで「(自分が真面目にやっている)ゲームでチートツールを使っているやつが許せなかった」と話していた。

 男性はゲームにログインできなくなり、ネット電話で知人に相談。パソコン画面に「全部聞こえてるよ。ばーか」とメッセージが表示され、発覚した。

 同課によると、男子生徒のウイルスは4月末からの3カ月間で、少なくとも約1700回ダウンロードされたとみられる。男子生徒は「おととしの春ごろからやっていた」と話しており、県警は静岡、宮城県警と合同で余罪を調べている。

PC遠隔操作事件に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング