1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 31日県内、1人死亡6人感染 経路不明が1人

新型コロナ
31日県内、1人死亡6人感染 経路不明が1人

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月31日(日) 19:30

 新型コロナウイルス感染症を巡り、県内では31日、男性1人の死亡と男女6人の感染が新たに判明した。うち感染経路不明者は1人という。

県内の集団感染、病院が6割 高リスクも対策難しく


 県によると、亡くなったのは、院内感染が発生した小田原市立病院の患者だった70代男性。呼吸器疾患で4月17日に同市立病院に入院。5月15日に陽性と判明後、県内の別の医療機関に転院していた。

 県所管域では、40~90代の男女5人の感染が確認された。このうち4人はいずれも厚木市在住。陽性と判明している同市内の70代男性の同居家族や親族で、別の親族4人の感染も確認されている。また、小田原市立病院の90代の女性患者の感染も判明。同病院での感染者は、職員らも含め計35人となった。

 横浜市内では80代女性が感染。院内感染が起きた菊名記念病院(同市港北区)に3月下旬から5月下旬まで、別の疾患で入院していた。

 同病院では患者、職員の計15人の感染が判明している。市は5月28日、同病院の院内感染は収束したとの見方を示していたが、女性との関連性も含め、調査を行う。担当者は「(女性の)濃厚接触者を10~20人程度絞り込み、PCR検査を行う」としている。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング