1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 〝津波〟注意は「津波フラッグ」で 赤と白、デザイン統一

〝津波〟注意は「津波フラッグ」で 赤と白、デザイン統一

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月31日(日) 05:00

 津波警報や注意報を海水浴場の利用客らに統一デザインの旗で知らせる取り組みが、6月にもスタートする。気象庁は、採用した赤と白の旗を「津波フラッグ」と命名。関係法令に正式に位置付け、全国への普及を目指す。これに伴い、東日本大震災を機に神奈川の沿岸各地で導入されていたオレンジフラッグは、1年後には使えなくなる見通しだ。


「津波フラッグ」の導入に向けた検証で試された赤と白の旗。視認性の高さが確認された=昨年11月、横浜市金沢区の海の公園
「津波フラッグ」の導入に向けた検証で試された赤と白の旗。視認性の高さが確認された=昨年11月、横浜市金沢区の海の公園

南海トラフの大津波確率 鎌倉など3市「高い」 国が予測

 旗の活用は、海上にいるレジャー客や聴覚障害者らに津波の危険をいち早く知らせ、避難を促すことが目的。視認性や外国人への周知を考慮し、船舶の「進路に危険あり」を意味する国際信号旗と同じ赤と白の格子模様に統一した。

 津波警報・注意報の伝達方法をサイレンなどと規定した気象業務法施行規則には、「形」や「色」に関する定めがない。このため気象庁は、6月に実施予定の改正で「旗」を加え、全国の沿岸各地に活用を促す方針だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

津波に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング