1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 夜の街に再び活気 店側、感染対策徹底で新コースも

新型コロナ
夜の街に再び活気 店側、感染対策徹底で新コースも

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月28日(木) 05:00

緊急事態宣言解除で人通りが戻りつつある野毛の飲食街=27日午後7時20分ごろ、横浜市中区
緊急事態宣言解除で人通りが戻りつつある野毛の飲食街=27日午後7時20分ごろ、横浜市中区

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除に伴う県の休業要請緩和後、最初の夜を迎えた27日、県内の繁華街に活気が戻り始めた。飲食店は午後8時までだった営業時間が10時までに延長され、再開の動きが本格化。会社帰りのサラリーマンらが笑顔でジョッキを傾ける一方、店側も消毒など感染防止対策を徹底した。

 横浜屈指の飲食街、野毛地区。約3カ月ぶりに営業を再開した焼き鳥店「八十八(はちじゅうはち)」は、店内のテーブルをビニール製のカーテンで区切った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング