1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 東京湾にクジラ死骸漂流中 海保、船舶に注意呼び掛け

東京湾にクジラ死骸漂流中 海保、船舶に注意呼び掛け

社会 | 神奈川新聞 | 2018年9月21日(金) 21:13

東京湾で漂流しているクジラの死骸=18日、千葉県館山市の洲崎沖(第3管区海上保安本部提供)
東京湾で漂流しているクジラの死骸=18日、千葉県館山市の洲崎沖(第3管区海上保安本部提供)

 第3管区海上保安本部(横浜)によると、東京湾で16日から、体長約4メートルのクジラの死骸が漂流を続けている。海域は全国有数の通航量を誇る浦賀水道航路に近く、3管は「船舶が衝突する恐れがある」として、周辺に航行警報を出して注意を呼び掛けている。

 3管によると、16日午前11時ごろ、航行中のタンカーから「クジラの死骸が浮いている」と通報があり、巡視艇が三浦市の剱埼灯台から東に約8キロの沖合で、あおむけに浮かぶ死骸を確認した。ザトウクジラの子どもとみられるという。


東京湾で漂流しているクジラの死骸=18日、千葉県館山市の洲崎沖(第3管区海上保安本部提供)
東京湾で漂流しているクジラの死骸=18日、千葉県館山市の洲崎沖(第3管区海上保安本部提供)

 死骸はその後も漂流し続け、18日午前11時ごろに千葉県館山市の洲崎灯台から約8キロの沖合で、20日午後4時ごろに同県南房総市の野島埼灯台の西方沖で確認された。

 3管は「クジラの死骸はレーダーに映りづらいため、周辺海域では目視で確認を」と呼び掛けるとともに、海岸に漂着しないかなどの確認も続けている。

第3管区海上保安本部に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング