1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 藤沢市立学校、宣言解除で6月1日再開 夏休みは短縮

新型コロナ
藤沢市立学校、宣言解除で6月1日再開 夏休みは短縮

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月22日(金) 05:00

藤沢市役所
藤沢市役所

 藤沢市教育委員会は21日、緊急事態宣言が5月末に解除された場合、市立小中学校を6月1日から段階的に再開すると発表した。夏休みは短縮する。

【記事一覧】一斉臨時休校 子どもは、親は、教育者は

 小学校は6月1、2の両日、通常授業へ向けたスケジュールなどを説明する準備に充て、3~12日の間、2グループに分けて分散登校を実施。15日からは午前中の一斉登校、29日から通常授業を開始する方針。

 中学校は6月1日から3グループに分けて分散登校を開始。15日からは2グループに変え、22日からは午前中の一斉登校とする。29日から通常授業とする。

 夏休みは、小中学校ともに8月1日からの3週間に短縮。最終学年の小学6年生と中学3年生は同8日から2週間とする。

 分散登校期間中、保護者の事情などで自宅で1人で過ごすことが難しい4年生以下の児童の居場所として、午前8時半から午後0時半まで学校の体育館などを開放。青少年指導員らが見守りなどに対応する。

 食の支援が必要な家庭を対象に実施している持ち帰り用軽食の提供は終了。代わりに5月28日から6月3日までの間、米、レトルト食品などの食材を給食休止の日数分箱詰め(無料)にして市社会福祉協議会の職員が対象家庭の自宅に直接届ける。

臨時休校に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング