1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 1億円相当の医療用物資寄贈 コーエーテクモ

新型コロナ
1億円相当の医療用物資寄贈 コーエーテクモ

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月22日(金) 05:00

医療用物資を寄贈したコーエーテクモゲームスの襟川取締役名誉会長(右)
医療用物資を寄贈したコーエーテクモゲームスの襟川取締役名誉会長(右)

 ゲームソフト会社のコーエーテクモゲームス(横浜市西区)は20日、1億円相当の医療用物資を横浜市に寄贈した。市は新型コロナウイルスの感染患者を受け入れている市内の医療機関などに順次、配布する。

 同社が寄贈したのは、防護服3万2500着、高機能マスク8520枚、フェースシールド2600枚。海外の取引先を通じて調達したという。

 同社は4月15日、市に寄贈する方針を示していた。今月20日の定例会見に出席した襟川恵子取締役名誉会長は「個人的には祖父母の代から5世代にわたり、市にお世話になっている。何かお役に立てれば」と説明。林文子市長は「特に防護服は入手が難しい。収束がはっきり見通せない中、地元企業の支援に大きな勇気をいただいた」と謝辞を述べた。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング