1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 厚木市立学校にマスク寄贈 地元で起業の製造会社

新型コロナ
厚木市立学校にマスク寄贈 地元で起業の製造会社

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月21日(木) 05:00

厚木市の小林常良市長(右)と曽田高治教育長(左)にマスクを手渡す徐鑫社長
厚木市の小林常良市長(右)と曽田高治教育長(左)にマスクを手渡す徐鑫社長

 厚木市栄町のマスク製造業シンズ(徐鑫(じょしん)社長)は20日、同市教育委員会にマスク10万枚を寄贈した。同社は3月下旬にも同市に1万枚を寄贈しており、今回は市内36小中学校の児童・生徒向けに贈った。

 同社は市の支援事業を受けて起業した経緯がある。小林常良市長と曽田高治教育長にマスクを手渡した同社長は「(非常事態宣言が解除されれば)6月から新生活がスタートするので、ぜひお使いください」と話した。曽田教育長は「子どもの安全、安心のため、ありがたく活用させていただく」と謝意を伝えた。

こちらもおすすめ

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング