1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 世代超え意見陳述へ 厚木爆音訴訟

世代超え意見陳述へ 厚木爆音訴訟

社会 | 神奈川新聞 | 2016年10月30日(日) 11:46

 31日の上告審弁論で、原告2人が親子2世代にわたる意見陳述に立つ。第1次訴訟の提起から丸40年。降り注ぐ騒音は熾烈(しれつ)を極める一方だが、司法救済の道筋はわずかに開かれ始めた。自衛隊機の飛行差し止めを命じた控訴審判決の維持を求め、それぞれが6分の持ち時間に全霊を注ぐ。

亡母の献身継ぐ 山口さん


軍用機の空路を説明する山口繁美さん。取材最中も海上自衛隊哨戒機が会話を遮った=つるま幼稚園
軍用機の空路を説明する山口繁美さん。取材最中も海上自衛隊哨戒機が会話を遮った=つるま幼稚園

 厚木基地滑走路から北方2キロ。つるま幼稚園(大和市西鶴間)は、被害の最も深刻な区域に近接する。軍用機が上空を通過すれば、遊戯は中断を強いられ、耳をふさいだまま身動きできなくなる園児も現れる。

 「まるで金縛り。爆音は子どもの心身をむしばんでいる」。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

厚木基地に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング