1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 茅ケ崎市、リンゴ病警報 「暑さで体力弱まり感染リスク」

茅ケ崎市、リンゴ病警報 「暑さで体力弱まり感染リスク」

社会 | 神奈川新聞 | 2018年8月31日(金) 02:00

茅ケ崎市役所
茅ケ崎市役所

 茅ケ崎市は30日、「リンゴ病」と呼ばれ、子どもを中心に頬が赤くなるなどの症状が出る「伝染性紅斑(こうはん)」の患者が増えているとして、流行警報を発令した。7月16日から22日にかけても警報を発令していたが、再び流行しているという。

 市保健予防課によると、同市と寒川町の小児科7施設の1週間当たりの患者報告数の平均が20日から26日にかけて2・17人となり、警報発令基準値(2・0人)に達した。同課は「暑さで体力が弱まり感染しやすくなっている。手洗いやマスクなどを心掛けてほしい」と呼び掛けている。

感染症に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング