1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事業者支援へ、伊勢原市が県交付協力金に10万円を上乗せ

新型コロナ
事業者支援へ、伊勢原市が県交付協力金に10万円を上乗せ

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月15日(金) 05:00

伊勢原市役所
伊勢原市役所

 伊勢原市は、県の休業要請に応じて休業か営業時間を短縮した市内の中小企業と個人事業主に「市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」として一律10万円を支給することを決めた。県が交付する協力金に上乗せし、売り上げの減少した飲食店などを支える。

 市によると、建物を賃借して市内で飲食店や学習塾などを運営し、4月24日~今月6日に休業か営業時間を短縮したことが給付の条件。約900事業所を対象に想定している。

 14日の市議会臨時会で可決された本年度一般会計補正予算に、事業費9050万円を盛り込んだ。財源には財政調整基金を充てる。

 給付希望者は18日から6月30日(消印有効)までに、申請書を原則郵送で市に提出する。休業を伝える看板の写真や短縮営業を知らせるホームページの画像なども添付する。申請書は市ホームページで18日からダウンロードできる。

 問い合わせは、市商工観光課中小企業者等金融・経営相談窓口電話0463(92)1113。

こちらもおすすめ

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング