1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 学生支援へ食品寄付を 厚木市とNPO

新型コロナ
学生支援へ食品寄付を 厚木市とNPO

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月14日(木) 12:00

 新型コロナウイルスの影響でアルバイトができなくなっている学生の生活を支えるため、厚木市のNPO法人Heart34(ハートみいよ、立石太郎理事長)と市は、市民や企業から募った食品を無償で提供する取り組みを企画した。16、17両日には、市内3カ所で提供用の食品の寄付を受け付ける。

 【記事一覧】外出自粛、神奈川に波紋 県民生活への影響は

 対象となる食品は米、調味料、缶詰、お菓子、レトルト食品、飲料水などで賞味期限が1カ月以上先のもの。両日とも午前10時~午後3時に【1】市役所本庁舎西側駐車場(同市中町3丁目)【2】市環境センター(同市金田)【3】フードバンクあつぎ事務所(同市旭町1丁目)-のいずれかに持参してもらう。

 集まった食品を1人分4キロ程度に仕分けた上で、21~23日(いずれも午前10時~午後3時)に、フードバンクあつぎ事務所で希望する学生に配布する。中身の食品を選ぶことはできない。配布対象は市内の大学、短大、専門学校に通う学生。受け取る際に学生証を提示する。問い合わせは、同NPO法人電話046(220)5088。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング