1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 藤沢・市立保育園アスベスト、元園児に見舞金 対象750人

藤沢・市立保育園アスベスト、元園児に見舞金 対象750人

社会 | 神奈川新聞 | 2018年8月28日(火) 02:00

藤沢市役所
藤沢市役所

 藤沢市立浜見保育園(同市鵠沼海岸4丁目)で過去にアスベスト(石綿)が飛散したとされる問題で、市は27日、市の第三者委員会の答申に沿い、暴露の恐れがある元園児の検診に関わる費用を負担するほか、元園児に見舞金を支給することを明らかにした。対象の元園児は約750人。元職員約185人は別途、公務員の労災に当たる公務災害などとして対応する方針。

 この問題を巡っては、市が調査などのために設置した第三者委員会が5月に最終報告書をまとめ、当時の園の状況などから1972~84年度、99~2005年度に在籍した園児と職員がアスベストに暴露した恐れがあり、石綿関連疾患を発症するリスク評価の対象になると認定。市に対し、検診費用や見舞金の支給などを答申していた。

 市は、リスク評価の対象となった元園児(1999~2004年の間に在園が1年以下の園児は除く)への対応策として、▽検診手当と交通費として4千円を支給▽石綿関連疾患を発症し、園との因果関係を認められた場合は治療費や休業補償などを支払う▽因果関係が認められなかったが、他の発症原因が考えられない場合には給付金100万円を支給する-としている。また対象の元園児全員に対して見舞金1万円を支給する考え。

 鈴木恒夫市長は、同日の記者会見で「答申を真摯(しんし)に受け止め、総合的に判断した」と説明した。

 市は9月に元園児や保護者を対象にした説明会を開催。12月に補正予算案を市議会に提出し、承認されれば、2019年から検診などを実施していくという。

保育園に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング