1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 県内で新たに3人が死亡、10人が感染確認

新型コロナ
県内で新たに3人が死亡、10人が感染確認

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月13日(水) 21:06

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、県内では13日、3人の死亡と、新たに10人の感染が確認された。うち、横浜市に住む20代女性の感染経路が不明。またクラスター(感染者集団)が発生した牧野記念病院(同市緑区)に入院し、亡くなった60代男性は死亡後の検査で陽性と分かった。

【特集・記事とグラフ】新型コロナ、神奈川の感染拡大


 横浜市内では、60~80代の男性3人が死亡。うち、60代と70代は同病院に入院。80代は院内感染が起きた横浜甦生(こうせい)病院(同市瀬谷区)に4月下旬まで入院し、その後転院した。

 また亡くなった60代を含む20~90代の男女8人の感染が確認された。うち2人は、院内感染が発生した聖マリアンナ医科大横浜市西部病院(同市旭区)の看護師と元入院患者という。

 川崎市内では、幸区に住む90代女性が陽性となった。3月31日に川崎協同病院(同市川崎区)に入院し、感染患者が出たフロアにいた。

 県所管域では、海老名市に住む90代女性が感染した。既に感染が判明している同居家族の濃厚接触者という。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング