1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 懐かしの〝伝言板〟復活 JR東神奈川駅、エールを交換

新型コロナ
懐かしの〝伝言板〟復活 JR東神奈川駅、エールを交換

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月11日(月) 19:41

JR東神奈川駅に設置された伝言板。利用客がさまざまな言葉を記している=横浜市神奈川区
JR東神奈川駅に設置された伝言板。利用客がさまざまな言葉を記している=横浜市神奈川区

 閉塞(へいそく)感漂う新型コロナウイルスの感染拡大。沈みがちな気持ちを癒やし、ほっこりと心を和ませる手作りの伝言板が、JR東神奈川駅(横浜市神奈川区)にお目見えした。

 今の思い、会いたい人、コロナ禍終息後にしたいこと-。チョークで記された言葉を通して利用客と駅員が希望を共有し、前を向く元気を交換している。

 きっかけは4月下旬、外出自粛が長期化し、旅行や観光地のPRポスターを取り外す中、若手駅員から「元気づけられることができないか」と声が上がった。駅員の尾畑亮輔さん(23)は「利用する人にも手伝ってもらいながら、笑顔を届けたかった」と振り返る。

 ベテランが伝言板をアドバイスすると、存在自体を知らない若手もその魅力に納得。黒板シートを貼り合わせて昔ながらの姿を再現し、駅員52人の願いを込めたメッセージも添えた。

 「今こそ踏ん張りどころ!」「学校始まってほしい」「じいばあと手をつなげる日きっと来る」。4月30日の設置以降、書き込みが続く。

 密集にならないよう駅員が改札から見守る。駅員の守屋倫太郎さん(23)は「共感できる言葉が多く、感謝も頂く。私たち駅員が一番元気をもらっているかもしれません」。コロナ禍の状況を見ながら、最長で夏ごろまで継続するという。





新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング