1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 長引く休校、高まる子どものストレス 正念場の教育現場

新型コロナ
長引く休校、高まる子どものストレス 正念場の教育現場

社会 | 共同通信 | 2020年5月4日(月) 23:11

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う一斉休校の長期化で、子どもたちのストレスが高まっている。一部の学校は大型連休明けから再開する予定だが、先行きは不透明だ。学習の遅れを解消するため「9月入学」導入案も急浮上。学びの保障に向け、教育界は正念場を迎えている。


友達

 「ひまひまだー」。名古屋市中区の公立小1年生の男子(6)は、母(41)に訴えた。

 入学前、学校で新しい友達をたくさんつくろうと意気込んでいた。でも、登校は保護者と新入生のみの入学式と、一度あった登校日だけ。担任の顔はうろ覚えだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング