1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ひとり親家庭に無料で昼食 横浜の5店、自粛で苦境も支援

新型コロナ
ひとり親家庭に無料で昼食 横浜の5店、自粛で苦境も支援

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月5日(火) 05:00

ひとり親家庭を支援する企画を発案した窪田さん(左)と、参加店舗の小林さん=横浜市中区
ひとり親家庭を支援する企画を発案した窪田さん(左)と、参加店舗の小林さん=横浜市中区

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛要請のあおりで収入減などに苦しむひとり親家庭を支援しようと、横浜市内の飲食店5店舗が9~13日、昼食の無料提供を実施する。各店舗自身が売り上げ減に悩むが、このようなときだからこそ、より困難な状況にある人たちを手弁当で支援しようと思い立った。店舗側は「顧客への恩返しの気持ちで、できることに取り組もうと思った」と話している。

 無料提供の取り組みは「横浜ハッピーテークアウトプロジェクト」と銘打ち企画。各店舗が1日限定20食をひとり親家庭に無償で提供する。電話で事前に予約を受け付け、指定時間に店舗で引き渡す。

 発案したのは、同市神奈川区の洋食店「KUBOTA食堂」の窪田俊治さん(48)。同店では、外出自粛要請の影響で歓送迎会などの予約がいずれもキャンセルとなり、4月の売り上げは6割以上減少した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング