1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ドリップの「生BOSS」試飲を 10日に海老名SA

ドリップの「生BOSS」試飲を 10日に海老名SA

社会 | 神奈川新聞 | 2018年8月9日(木) 19:51

海老名工場で焙煎した豆を使ったアイスコーヒーの試飲イベントの様子=7日、海老名サービスエリア
海老名工場で焙煎した豆を使ったアイスコーヒーの試飲イベントの様子=7日、海老名サービスエリア

 清涼飲料大手のサントリー食品インターナショナルは10日、東名高速下り線・海老名サービスエリア(SA)で、海老名市に新設した工場で焙煎(ばいせん)したばかりの豆をドリップしたアイスコーヒーを無料配布する。

 無料配布は、焙煎工場として同市中新田に新設したグループ会社運営の「海老名工場」のPRなどが目的。焙煎したばかりの豆を使うことや主力ブランドの名にちなみ、「生BOSS(ボス)体験プロモーション」と題して展開する。

 同プロモーションは7日にも行われ、京都府木津川市の40代主婦が「香りや味のバランスが良い」と試飲を楽しんでいた。

 10日は午前9時~午後5時。イベントスペース内にキッチンカーを出す。

コーヒーに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング