1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. JR南武線の駅員感染 向河原駅、同僚4人自宅待機

新型コロナ
JR南武線の駅員感染 向河原駅、同僚4人自宅待機

社会 | 神奈川新聞 | 2020年5月1日(金) 23:00

JR南武線
JR南武線

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、JR東日本横浜支社は1日、南武線向河原駅(川崎市中原区)に勤務する60代の男性が感染した、と発表した。同社は駅構内を消毒。同僚4人を同日から自宅待機にし、駅の業務は応援の社員で続ける。

小田急ロマンスカー、大型連休の5日間運休 5月2日から

 支社によると、男性はグループ会社の社員で、同駅の改札口で精算などの業務を担当。4月25日までマスクを着用して勤務した。休日だった27日に体調不良を感じたため、翌28日以降、勤務を休んでいた。30日に同居する妻の感染が確認され、検査を受けたところ、陽性と判明した。

JR南武線に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング