1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「テレワーク」県内は4割 厚労省調査「3密回避」は6割

新型コロナ
「テレワーク」県内は4割 厚労省調査「3密回避」は6割

社会 | 神奈川新聞 | 2020年4月30日(木) 22:44

オフィスワーク(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、県内のテレワーク実施率は約4割で、政府目標の「オフィス出勤者の最低7割削減」には達していないことが30日、厚生労働省の調査で明らかになった。感染リスクが高まる密閉、密集、密接の「3密」を避ける行動の実施率も約6割で、対策の難しさが改めて浮かび上がった。

 厚労省は無料通信アプリのLINE(ライン)と協力し、4月12、13日に実施したアンケート結果を公表。全国で約2300万人が回答した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング