1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 県内感染者7人、3週間ぶり1桁 川崎で1人死亡

新型コロナ
県内感染者7人、3週間ぶり1桁 川崎で1人死亡

社会 | 神奈川新聞 | 2020年4月27日(月) 21:47

27日発表の県内感染者数
27日発表の県内感染者数

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、県内で27日、新たに男女7人の感染が確認された。感染者数が1桁になったのは6日以来3週間ぶり。川崎市内では、既に感染が判明していた宮前区在住の80代男性が死亡した。

【特集・記事とグラフ】新型コロナ、神奈川の感染拡大

 川崎市によると、亡くなった男性は10日に発熱し、16日から市内の医療機関に入院していた。新たに感染が判明したのは宮前区の50代男性会社員と多摩区の60代男性会社員の計2人で、ともに重症という。

 横須賀市では、男女計3人が感染した。市内在住の70代男性はタクシ-運転手で、22日からせきの症状があり26日に陽性が判明。21日まで乗務していたという。70代の無職女性は運転手の友人で接触があった。

 県所管域では、大和市に住む60代看護助手と座間市に住む30代看護師の計2人。ともに医師ら6人の感染が確認されている大和市立病院に勤務していた。

 県所管域では、26日の発表数がゼロになるなど新規感染者が減少傾向にある。県担当者は「土日も検査は行われている」とした上で、「外出自粛の効果といえるかどうかは28日の数字を見ないと分からない」としている。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング