1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「世界平和のために」自説を正当化 植松被告、本紙に手記

やまゆり園事件2年
「世界平和のために」自説を正当化 植松被告、本紙に手記

社会 | 神奈川新聞 | 2018年7月26日(木) 02:00

【やまゆり園事件取材班=石川泰大、高田俊吾、竹内瑠梨】相模原市緑区の県立障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件は26日で発生から2年。殺人などの罪で起訴された植松聖被告(28)は昨年3月以降、神奈川新聞記者との手紙のやりとりや面会に応じていた。事件から1年8カ月がたった今年…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング