1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 郵便局停止、23万通未配達… 〝アベノマスク〟は?

新型コロナ
郵便局停止、23万通未配達… 〝アベノマスク〟は?

社会 | 神奈川新聞 | 2020年4月23日(木) 21:39

ガムテープが貼られ投函できなくなっている郵便ポスト=川崎市多摩区の小田急線向ケ丘遊園駅南口
ガムテープが貼られ投函できなくなっている郵便ポスト=川崎市多摩区の小田急線向ケ丘遊園駅南口

 新型コロナウイルスの影響で、郵便局が業務を停止する事態が県内でも起きている。川崎市多摩区の登戸郵便局では集配担当の局員が感染し、郵便物など約23万通が未配達になっている。住民からは冗談交じりに、政府が配布予定のマスクが本当に手元に届くのか心配する声も聞かれた。

 日本郵政によると、同郵便局で10代の局員の感染が判明したのが14日だった。同日から休業して局内を消毒し、17日に業務を再開。しかし今度は30代の集配担当局員の感染が確認され、その日の午後7時半に再び休業に追い込まれた。

 同郵便局は、集配や窓口業務を行う約300人の局員全員を自宅待機とした。17日に配達された一部の郵便物を除き、担当地域内約1万3千世帯への郵便物約22万通と、ゆうパック1万通が配達できていないという。管内の郵便ポスト127カ所のうち約80カ所も使用停止にした。

 消毒作業が終了したため、同郵便局は24日から業務を再開することを決定。書留や速達を優先的に配る方針で、未配達の解消には時間がかかるとしている。
県内ではこのほか、横須賀市の田浦郵便局でも局員の感染が判明し、16~22日の業務を停止した。23日に再開したものの、現在も一部のゆうパックの引き受けを停止するなど支障が生じている。


休業を知らせる貼り紙が貼られた登戸郵便局=川崎市多摩区
休業を知らせる貼り紙が貼られた登戸郵便局=川崎市多摩区

 日本郵政はこれまでも局内の消毒や業務中のマスク着用などを徹底してきた。今回の事態を受け、局員の体温測定や健康状態の把握に努めるよう各局に追加で指示を出したが、根本的に感染を防ぐ方策は見つからないのが現状という。担当者は「保健所と連携の上、必要な措置を講じていく」としている。

 川崎市多摩区に住む50代の主婦は、千葉県に住む姉がゆうパックで発送したタケノコを受け取っていないといい、「せっかくの旬の味覚なのに…。ほかにも重要な郵便物が届かないままになっていないか不安だ」と表情を曇らせ、つぶやいた。「政府が各家庭に配る“アベノマスク”は自分のところに届くのだろうか」

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング