1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 育児の味方、母子手帳アプリ 相模原市がスマホ用提供 生活情報、イベント…

育児の味方、母子手帳アプリ 相模原市がスマホ用提供 生活情報、イベント…

社会 | 神奈川新聞 | 2018年7月23日(月) 09:57

今月からサービスがスタートした「さがみはらアプリde子育て さがプリコ」
今月からサービスがスタートした「さがみはらアプリde子育て さがプリコ」

 相模原市は7月から、乳幼児健診記録や予防接種のスケジュールなどをスマートフォンやタブレット端末で管理できる市民向けの「電子母子手帳アプリ」の無料サービスを始めた。生活情報や育児に関するイベント情報も配信され、妊娠から出産、育児までをサポートする。

 アプリの愛称は「さがみはらアプリde子育て さがプリコ」。妊娠中の体重や子どもの身長や体重を入力するとグラフ化され、成長の記録が一目で分かる。写真を付けて日記を残すこともでき、家族や祖父母間で成長の様子を共有できる。

 出生日を登録すると、予防接種の時期を自動で表示できるほか、熱中症やインフルエンザへの注意喚起など、季節に応じた情報や健診・イベント開催の可否なども配信される予定。紙の母子手帳を補完する役割を担い、英語、中国語、スペイン語など10カ国語に対応している。県の健康管理アプリ「マイME-BYO(みびょう)カルテ」と自動連携し、入力データを、薬やアレルギー記録などと一緒に管理することができる。

 市こども健康課の担当者は「妊娠や子育て中の女性に、アプリを通じて安心とゆとりの時間を提供したい」としている。

 利用するには、アイフォーン端末は「アップストア」から、アンドロイド端末は「グーグルプレイ」から、アプリ「母子モ」をダウンロードし、「お住まいの地域」を相模原市に設定する必要がある。

アプリに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング