1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 市立中いじめ再調査せず 諮問機関「一部改めてすべき」

市立中いじめ再調査せず 諮問機関「一部改めてすべき」

社会 | 神奈川新聞 | 2020年4月22日(水) 10:27

 横浜市教育委員会が2018年5月に公表した市立中学校でのいじめ重大事態調査報告書は実態と大きく乖離(かいり)しているとして、被害に遭った男子生徒が林文子市長に再調査を求めていた問題で、市は21日、市長による再調査は行わないと発表した。市の付属機関が必要ないと答申したことを踏まえ、判断した。一方で、きっかけは小学校時代にあると生徒が訴えていることから、付属機関は小学校時代などについて再調査するよう市教委に求めている。

 市教委が公表した報告書は、生徒が通っていた中学校が主体の「学校いじめ防止対策委員会」が調査し、まとめた。

横浜市教委「本人の意向確認し対応検討」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜市教育委員会に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング