1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 【横浜誘致の是非】米国の大型カジノ、地域経済を破壊する

静岡大・鳥畑与一教授
【横浜誘致の是非】米国の大型カジノ、地域経済を破壊する

社会 | 神奈川新聞 | 2018年7月20日(金) 12:21

静岡大学の鳥畑与一教授
静岡大学の鳥畑与一教授

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法の成立が確実視される中、「カジノ幻想」などの著書がある静岡大学人文社会科学部の鳥畑与一教授は、カジノは地域経済を破壊させると断じ、力を込める。「日本にカジノはいらない」

  ◆◆

 推進派の方はよく、世界の百二十数カ国にカジノがあるじゃないか、と主張する。しかし欧州型と米国型のカジノは随分と違う。欧州型は規模が小さい。大人の社交場としての伝統からきており、公営のカジノも多い。ギャンブルをする権利は認めるが、規制を厳しくして小さく運営させるスタイルだ。

 今、日本で問題になっているのは米国・ラスベガス型。カジノだけでなくホテルやレストラン、エンターテインメント施設がある。これがモデルとなり、シンガポールでは「統合型リゾート」として造った。私は「IR型カジノ」と呼んでいる。特徴は規模が大きく、いろいろな施設を集客装置として使い、客をカジノへ誘導する点だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カジノ(IR)、リゾート施設に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング