1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 最前線の医療従事者らを応援 NPO法人がマスクなど寄贈

新型コロナ
最前線の医療従事者らを応援 NPO法人がマスクなど寄贈

社会 | 神奈川新聞 | 2020年4月18日(土) 13:00

県立足柄上病院への応援物資を積み出すスタッフ(アシガラパートナーズ提供)
県立足柄上病院への応援物資を積み出すスタッフ(アシガラパートナーズ提供)

 感染拡大に歯止めが掛からない新型コロナウイルス対策の最前線で奮闘する医療従事者らを応援しようと、松田町に拠点を置くNPO法人が「あしかみ全力応援プロジェクト」に乗り出した。県の「重点医療機関」として感染者を受け入れている県立足柄上病院を“後方支援”する取り組みで、第1弾は地元企業・団体の協力でマスクなどを寄贈。同法人は協力の輪を広げて息の長い応援につなげたい考えで、賛同を呼び掛けている。

 同病院は、新型ウイルスを巡る医療崩壊回避に向け、県が独自で打ち出した医療体制「神奈川モデル」の一翼を担う施設。爆発的患者急増(オーバーシュート)に備え、酸素投与などが必要な中等症患者を集中的に受け入れる「重点医療機関」として、感染者の対応に当たっている。ただ、こうした要請に応えるため初診・救急の受け入れを当面停止するなど、地域医療に影響が生じているのが実情だ。

 応援プロジェクトを企画したのは、NPO法人「アシガラパートナーズ」。地元住民の「かかりつけのお医者さん」として接してくれている同病院の医療従事者が新型ウイルス対策の最前線で働くことに、「何か応援できないか」と思い立った。賛同した地元の6社・団体が支援物資を持ち寄るなどした第1弾として、16日に「おひるねみかんジュース」500本、マスク480枚、除菌スプレー24本を届けた。

 同法人は、今後も第2弾、第3弾として支援物資の寄贈を予定している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング