1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 自衛隊に災害派遣要請 県、軽症者宿泊施設で活動へ

新型コロナ
自衛隊に災害派遣要請 県、軽症者宿泊施設で活動へ

社会 | 神奈川新聞 | 2020年4月18日(土) 05:00

神奈川県の黒岩祐治知事(資料写真)
神奈川県の黒岩祐治知事(資料写真)

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、黒岩祐治知事は17日、自衛隊に災害派遣を要請したと発表した。要請を受け、陸上自衛隊第1師団所属の隊員約10人が、軽症や無症状の感染者を受け入れる宿泊施設で生活支援や感染防止の教育支援に当たる。

 活動期間は20日から26日までの1週間。軽症者らを20日から受け入れる予定のアパホテル&リゾート横浜ベイタワー(横浜市中区)で活動する。

 知事は「アパホテルは約2300室と大規模。感染防止のために動線をどうするかといったオペレーションは、自衛隊の能力をお借りしないととてもできない」と要請理由を説明した。

 東京都や大阪府なども自衛隊への災害派遣を要請している。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング