1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 〈時代の正体〉川崎・中原区でまた差別落書き 市、人権侵犯で通報

〈時代の正体〉川崎・中原区でまた差別落書き 市、人権侵犯で通報

社会 | 神奈川新聞 | 2018年7月4日(水) 19:48

川崎市中原区の二ケ領用水の水門で見つかった差別落書き(市提供)
川崎市中原区の二ケ領用水の水門で見つかった差別落書き(市提供)

【時代の正体取材班=石橋 学】川崎市内で在日コリアンを差別する落書きが大量に行われている問題で、市は4日、中原区で新たに差別落書きが1件見つかったと発表した。区役所近くの二ケ領用水の水門に「朝鮮人こそレイシスト」と黒い文字で書かれていた。

 3日午後4時ごろ、市職員が見つけた。区によると、6月7、8日に区内の市所有の施設を見回った際にはなかったといい、「文言が同一で筆跡も似ていることから一連のものと思われる」としている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング