1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 1日の感染者67人に 県内累計350人超

新型コロナ
1日の感染者67人に 県内累計350人超

社会 | 神奈川新聞 | 2020年4月8日(水) 23:26

マスク(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、県内で8日、新たに男女67人の感染が判明した。1日の感染者が初めて60人を超え、県内の累計感染者数は350人を上回った。これまでの1日当たりの最多は31人(4月3日)だった。

 新たな感染者の内訳は横浜市18人、川崎市12人、相模原市4人、藤沢市7人、茅ケ崎市保健所管内5人。県所管の保健福祉事務所管内は平塚10人、小田原3人、厚木8人。

 茅ケ崎市在住の藤沢北署警備課の60代の男性警部補(再任用)は重篤な状態。県警警察官の感染判明は初で、県警は警部補と接触したとみられる複数の署員を自宅待機とした。本部から要員を派遣しており、署の業務に支障はないという。また、藤沢市の50代の介護職男性と、20代の男子大学生、男性会社員の3人は、感染が確認された50代の女性県警職員(非常勤)の同居家族。

 相模原市では市医師会の40代の女性事務職員や、既に感染が判明している北里大学病院(同市南区)の男性医師が担当していた患者の70代の無職男性らが判明。4日に公表された相模原消防署勤務の50代の男性職員も市の患者確認数に加わった。

 川崎市では、幸消防署の30代男性救急隊員や市立多摩病院の20代女性看護師が感染。同病院では、3月末まで在籍していた男性医師の感染が既に判明している。

 県所管域の男女21人はいずれも軽症または無症状。そのうち陽性判明者の濃厚接触者が9人いるという。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング