1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 機影下の川崎(下)落下物 制限撤廃「説明ない」

羽田新飛行ルートの波紋
機影下の川崎(下)落下物 制限撤廃「説明ない」

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月30日(月) 05:00

通行人に新飛行ルートの危険性を訴える「羽田増便による低空飛行に反対する『川崎区民の会』」のメンバー=21日、JR川崎駅東口
通行人に新飛行ルートの危険性を訴える「羽田増便による低空飛行に反対する『川崎区民の会』」のメンバー=21日、JR川崎駅東口

 戦後の高度経済成長をけん引した川崎市臨海部の石油コンビナート地域。羽田空港の新たな飛行ルートは、巨大工場群の上空に何便もの旅客機が飛来する事態をもたらす。

 「50年間も飛んでいなかった場所に飛んでくる。けれども、国は万が一を全く考えていない」

 同市川崎区の住民でつくる「羽田増便による低空飛行に反対する『川崎区民の会』」代表世話人の橘孝さん(70)は、そう語気を強めて続ける。

 「落下物も含め航空機事故が起きたらどうするのか。工場で働く人や近隣住民に逃げ場はない。市民を犠牲にしてはいけないよ」

 1960年代後半に航空機事故が相次いだことなどから、国土交通省は70年、当時の金刺不二太郎市長の要請を受け、原則として石油コンビナート地域の上空を避けるよう通知した。

 しかし昨年12月、同省は「航空需要や社会情勢の変化」として通知を廃止。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

騒音問題に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング