1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 平塚・福祉村の実践(8)発足20年、全域開設は未達成

支え合いの現場から 
平塚・福祉村の実践(8)発足20年、全域開設は未達成

社会 | 神奈川新聞 | 2018年6月7日(木) 05:00

 平塚市の「町内福祉村」は、吉野稜威雄元市長(在任1995~2003年)の初当選時の選挙公約だった。1999年1月の第1号開設を目前にした市議会1998年12月定例会で、吉野元市長は「生活支援や心の交流を行う地域のサポートネットワークも、介護保険制度と両輪をなすもう一つの柱。地域住民がともに連帯し、支え合う地域社会の構築を目指したい」と強調した。

平塚市の港地区町内福祉村で地域包括支援センターみなとが開催した「みなと包括サロン」で、脳活性化リハビリゲームを楽しむ高齢者
平塚市の港地区町内福祉村で地域包括支援センターみなとが開催した「みなと包括サロン」で、脳活性化リハビリゲームを楽しむ高齢者

 モデル事業として98年度から3年度連続で3カ所を開設。しかし、そこで明らかになったのは、住民主体のボランティア組織を行政主導でつくるという矛盾だった。「地区社会福祉協議会があるのに屋上屋を架するのか」との疑問も根強かったという。

 その結果、「つくることを目的にすると、うまくいかないと分かりました。地域住民が必要と感じた場合、やりたいという声が高まった時に、市が立ち上げを手伝うという方針に転換しました」と市福祉総務課の又村あおい主管。地区社協と違って地域に活動拠点を持ち、ボランティアが集まっ…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

福祉に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング