1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. あなたを忘れない 19人へ別れの言葉

相模原殺傷事件
あなたを忘れない 19人へ別れの言葉

社会 | 神奈川新聞 | 2016年10月21日(金) 11:39

「お別れ会」に参列するため津久井やまゆり園を訪れた女性=16日午後、相模原市緑区
「お別れ会」に参列するため津久井やまゆり園を訪れた女性=16日午後、相模原市緑区

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら46人が殺傷された事件。園と家族会が16日に同園で開いた「お別れ会」で、入倉かおる園長は命を奪われた一人一人の名前を呼び、人柄や思い出を紹介した。約400人の参列者を前に語られたエピソードからは、これまで匿名の壁に覆われて見えにくかった犠牲者19人の「生きた証し」が浮かび上がる。参列者への取材から再現した。

 どのようなお別れの言葉でごあいさつをすればいいのか、今も悩んでいます。あなた方一人一人を守ってあげられなかった。本当に申し訳なく思っています。

 皆さまと過ごした日々を思い出しながら、あいさつをさせていただいてもよろしいでしょうか。きっと支援員の皆さんも、心の中であなたと一緒に過ごした毎日を思い出していますよ。

すばるホーム
男性3人死亡
 〈あなたは、それはそれは畑作業が得意でした。作業着を着て畑作業にいそしむ姿は、私たちの目に焼き付いています。最近になって室内作業での毎日もとても意欲的でした〉

 〈あなたは、音楽が好きで、踊りレクやミュージックボールをとても楽しみにしていましたね。グループホームも何度も体験入門してくれました〉

 〈あなたは、自慢の碁盤をお持ちでした。職員とじゃんけんをして、あっぷっぷを楽しんでいましたね。目の手術をしてよく見えるようになったら、またいろんなところに一緒に行きたかったです〉

いぶきホーム
男性4人死亡
 〈パンダのぬいぐるみが大好きなあなたは、いつもお部屋にぬいぐるみを飾っていましたね。体調を崩してお部屋で静養している時には、ぬいぐるみで癒やされていたのでしょう。入院もしましたが、元気になった時はとてもうれしそうでした〉

 〈あなたは、ラジオが大好き。機械をいじるのが得意でしたね。ラジオがうまく聞こえないと、私たち周りも心配していました。それでも根気よくラジオと格闘していて、とても頼もしく感じていました〉

 〈あなたは、私たちが気が付かないようなこともすぐに気が付いてくれて、いろいろ教えてくれましたね。ホームの中でも日中活動でも職員がちゃんと働いているか、いつも見守ってくれました〉

 〈いつもすてきな香りを楽しんでいたあなたは、手につけたクリーム、アロマ、お気に入りの草履があったのですよね。すてきな楽しみをお持ちでした〉

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング