1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. これからも見守って やまゆり園事件、判決後初の月命日

これからも見守って やまゆり園事件、判決後初の月命日

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月27日(金) 21:59

献花台に花を手向ける黒岩知事=相模原市緑区の津久井やまゆり園
献花台に花を手向ける黒岩知事=相模原市緑区の津久井やまゆり園

 神奈川県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で入所者19人が殺害された事件から3年8カ月がたった26日、園の関係者や近隣住民らが園を訪れ、犠牲者の冥福を祈って静かに手を合わせた。

 横浜地裁の裁判員裁判で元職員植松聖被告(30)に死刑判決が言い渡されてから最初の月命日。建て替え工事が進む園の正門前に設けられた献花台には、早朝からたくさんの花束が手向けられた。

 献花後、入倉かおる園長は「(犠牲になった19人に)裁判が終わったことと、これからも園を見守ってほしいと祈った」。黒岩祐治知事は「19人の死を決して無駄にしない。利用者目線の新しい障害福祉をつくっていく決意をお伝えした」と語った。

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング