1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 5市町村の公立小中学校 新学期通常通り開始

新型コロナ
5市町村の公立小中学校 新学期通常通り開始

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月26日(木) 05:00

海老名市役所
海老名市役所

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、平塚、伊勢原、海老名、愛川、清川の各市町村教育委員会は25日、臨時休校中の公立小中学校を4月6日から通常通り、再開すると発表した。

 海老名市教委は再開に合わせ、体温、せき、身体のだるさ、息苦しさ、気になる点-の5項目をチェックする「健康管理カード」を導入する。各校がカードを作成して児童・生徒に配布。毎朝記入して持参してもらい、担任教諭が確認する。

 各市町村教委は文部科学省の公表したガイドラインに基づき、換気を徹底し、多数が手の届く距離に集まらないよう配慮するほか、児童・生徒に近距離での会話や大声をできるだけ控えさせ、せきエチケットや手洗いなどを徹底するよう留意するとしている。

 また保護者には子どもたちの健康状態を確認し、発熱やせきといった症状があれば学校を休ませるよう呼び掛ける。

教育に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング