1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 平塚・ 福祉村の実践(4)元気な団地、交流主役は70代

支え合いの現場から
平塚・ 福祉村の実践(4)元気な団地、交流主役は70代

社会 | 神奈川新聞 | 2018年6月1日(金) 05:00

 金曜日の午後、平塚市立横内小学校の隣にある横内公民館に、授業を終えたばかりの児童が集まってきた。横内地区の「町内福祉村」が週1回行っている学習支援(宿題教室)に参加するためだ。

 広間に上がると、さっそくランドセルから教科書やノートを取り出し宿題に取り掛かった。分からないところを元教員のボランティアに教えてもらったり、友人同士で教え合ったり。

小学生の国語の音読の聞き手をするボランティアの鈴村さん(左手前)=平塚市横内公民館
小学生の国語の音読の聞き手をするボランティアの鈴村さん(左手前)=平塚市横内公民館

 この日は児童44人が参加。福祉村の子ども支援部会の6人と先生役ボランティア6人が、子どもたちの勉強を助けた。

 元高校教員の井上稔さん(74)は2016年から先生役を務めている。「横内地区の子どもはおとなしくて、いい子が多い。道で会うと、あいさつしてくれるようになった。小学生は大きく成長するので教えがいがある」

 そして、国語の音読の相手をしているのは元小学校教員の…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

団地に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング