1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「諦めぬ人々知って」 香港民主化デモの写真展 横浜

「諦めぬ人々知って」 香港民主化デモの写真展 横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月22日(日) 05:00

横浜のカメラマン中村康伸さん


「自由と民主主義を求めるデモ隊の姿を見てほしい」と話す中村さん=横浜市中区
「自由と民主主義を求めるデモ隊の姿を見てほしい」と話す中村さん=横浜市中区

 香港民主化デモの5年間の歩みを伝える写真展が、横浜市中区の「AAAギャラリー」で開かれている。現地で撮影を続ける同市南区に住むカメラマンの中村康伸さん(50)が「自由と民主主義を守るため、諦めない人々を知ってほしい」と来場を呼びかけている。

 中村さんが初めて現地入りしたのは普通選挙を求めた2014年の「雨傘運動」。デモ隊の熱量に圧倒され、香港人の虜(とりこ)になった。以来、今月も含め計11回、現地を訪れている。

 昨年6月、中国本土に容疑者引き渡しを可能とする「逃亡犯条例」改正案に反対するデモが大規模化。最大で200万人が集まり、街を覆った。警察は催涙弾を乱射するなど凶暴化し、中村さん自身もガスマスク越しに催涙ガスを何度も浴び、「目は痛み、涙がボロボロこぼれた」。

 当局は監視カメラと人工知能(AI)を駆使し、デモ隊の身元特定を進めた。逮捕され中国本土に送られ、不審死する恐れもある。デモ隊は写真を撮られること自体も避けるようになっていた。それでも人々は抗議をやめることなく、その姿を伝えようと中村さんも撮影を続けた。10月には条例改正案が撤回され、11月の区議会(地方議会)選挙で民主派が圧勝した。
 写真展では衝突の様子などをとらえた120点を展示。中村さんは「小規模になったが、今もデモは続いている。新型コロナウイルスが収束したら、また現地に行きたい」と話している。

 27日まで。入場無料。午後2~7時。月、火曜日は休館。問い合わせは、同ギャラリー電話045(664)3907。

香港に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング